蔵王の自然に親しむ会(蔵王千年杉トレッキング)

b0189727_19141259.jpg標高約850mにある蔵王千年杉を目指す今回のトレッキングでは、13名の方が参加して下さいました
植物の名前の由来や木と人の関わりについて、講師から面白おかしく話を聞きながら、トレッキングスタート。
花の少ない時期ですが、ハエドクソウやオヤリハグマ、ヌスビトハギ、ヤマタイミンガサ、オトコエシなど、割と控えめな花が咲いていて、他の目立つ花が盛りの頃であれば、その植物の説明を聞く機会はなかったかも知れません。後ろから写真係として着いてきた私も聴き耳を立ててしまいました。b0189727_199688.jpg
野鳥の森を抜け、えぼしスキー場に出ると、道の脇にヤマブドウの実がなっていました。
どこどこ?と参加者も身を乗り出して探します。
あった!と指さした先には、濃い紫色(黒)に熟した実に、まだ未熟な緑や薄紫色の実も一緒についていて、配色がとても綺麗でした。

いよいよ千年杉コースに入る少し手前で雨が降り始めました。しかし、ブナ林に入ると、ブナの葉が雨を受け止めてくれ、雨音は聞こえますが地上にはほとんど雨が落ちてきません。b0189727_19262587.jpgb0189727_19263939.jpgさらに、ブナは受け止めた雨水を幹を伝わらせ、自分の根元まで運んで行く「樹幹流」を観察することができました。これは雨天でなければ見ることができませんでした。
雨で霧が発生し、幻想的なブナ林の中を足元に気をつけながら登って行くと、11:30。ついに千年杉に到着しました。樹高約26m、胸高幹周約6mの巨大なスギが姿を現しました。
宮城県内で唯一「森の巨人百選」(林野庁)に選定されている巨木です。周りでスギの根を支えている他の木が、まるで若木のようです。
(根を保護するため、周囲はロープで囲われています。)
b0189727_1952953.jpg
杉と人間との関わりは深く、万葉時代以前から行われてきた植林、幹は日本酒の樽や建築材として、樹皮は屋根葺きに、葉は線香の材料として利用され、正に100%活用されてきました。推定樹齢約700年の木にそれぞれ思いを馳せ、千年杉を後にしました。

b0189727_20122051.jpgスキー場の休憩場を借りて昼食をとった後ことりはうすに戻ると、茹で立ての枝豆と温かいお茶が用意されていました。程好く疲れた体に新鮮な枝豆とまぶされた粗塩が本っ当~に美味しく、お茶でほっと心が和んで会話も弾みました。
by kotorihouse | 2009-08-30 18:46 | イベント | Comments(0)
<< 2名様ご来場 湯上り○○○…。 >>