キツツキの仲間たち

b0189727_19555739.jpg
   「最近、脂身の量が少ないんですけど~(ボク怒ってるんだからね!)」
そんなわけではありません(と思います)が、アカゲラを餌台の近くで確認する頻度が少なくなりました。
アオゲラはとっくの昔?に餌台には来なくなりました。オオアカゲラは餌台に立ち寄ることなく、周辺で枯れ木などをつついて虫を探していましたが、森の中で見かけることがほとんどです。
森からはナワバリを主張する、キツツキの仲間たちのドラミングが「タラララララ…」と響いています。

それでも4月に入ってからすっかり常連になった、小さなキツツキ「コゲラ(♂)」は、まだ餌台通いを続けています。
b0189727_2023035.jpg
他のキツツキと一緒にしないでもらえます?
b0189727_2024657.jpg
人間だったら落っこちてしまいそうな角度だってへっちゃらですょ!
脂身ではなく、ヒマワリの種が気に入っているようです。
自分より大きなシメがいても、餌台に入ろうと試みていました。シメが口を開けて威嚇すると、姿勢を低くして応戦します。シメを追い出すことはできませんでしたが、意外と気が強いのかもしれません?
そんなコゲラ(♂)もガールフレンドがいるようで、一緒にカラマツの幹を移動する姿が見られます。
by kotorihouse | 2010-04-16 19:55 | 鳥類 | Comments(0)
<< ことりはうす周辺の野鳥たちの様子 ママになりました? >>