カテゴリ:その他( 57 )

2017.07.21野鳥の森で見たもの

案内の下見で森に入ってきました。
このへんでは「ごんぼっぱ」とよび、春の若葉で草餅を作ったりして親しみのある
「オヤマボクチ」ですが、虫たちにとってもごちそうなんでしょうね。大きい葉なので
食べごたえもあるでしょうか。こうして食べられているものが多くありました。
b0189727_15313331.jpg
名前の「ボクチ」は、葉裏の繊維を「火口(ほくち)」として
種火を起こす時に使ったことに由来しています。
b0189727_15370239.jpg
エゾアジサイがぽつぽつと控えめに咲いています。
「私のものよ」宣言をしているように見える昆虫は
「ヨツスジハナカミキリ」でしょうか。日本だけでも何万種とある
昆虫は、詳しくない人にとっては見つけても名前までたどり着ける
ことは少なく、今まで皆無に近い状態でしたのでちょっと
うれしいです。

b0189727_15403618.jpg
ミヤマカラマツがか弱い感じで咲いていました。
この花には花びらはなくて、白いのは雄しべですが
似ているカラマツソウに比べると花糸(かし・・雄しべの柄の部分)
にメリハリがあります。

b0189727_16004691.jpg
三枚ずつ付く葉っぱもかわいいですね。
b0189727_16135043.jpg
ヤマツツジは春葉と夏葉2回葉を出します。春に出て秋に葉を落とす春葉
(大きい葉)と、夏に出て冬を越す夏葉が今は2段重ねの状態になっていて
早くも来年の準備が着々と進んでいるようです。

b0189727_16143813.jpg
澄川対岸の岩壁を見てみると今まで気づかなかった「滝」のようなものが見えました。
目を凝らしてじっくりみたら水の躍動感はありませんでした。
岩崩の跡ですね。
b0189727_16203337.jpg
ヤマジノホトトギス。葉はたくさんあるのですが、咲いているのは
まだそれほどありませんでした。
b0189727_16225682.jpg
ヤマユリは森の中でもぽつりぽつりと咲いて、芳香を漂わせていました。
b0189727_16245354.jpg
















by kotorihouse | 2017-07-21 17:02 | その他 | Comments(0)

6月11日インターナショナルないちにち

東北を観光したい外国からの方々をサポートする旅行代理店
「VISIT東北」さんが来てくれました。
中国の方、台湾の方、アメリカ在住の方、日本にお住まいの中国の方
それから日本の方、と国際色豊かなみなさんに森を案内しました。
笹船を作ってもらいました。
b0189727_10154628.jpg
わさび沢の沢音はマイナスイオンいっぱい。
b0189727_10221925.jpg
ホオノキの葉っぱでお面。劇でつかったら面白そう。

b0189727_10454933.jpg
虫たちのゆりかご作りの上手さにはいつも感心させられますが、イタヤカエデの葉を使ったゆりかごがありましたので、「中見てみる?」と聞くと乗りよく応じてくれました。イタヤカエデの葉2枚の中ですくすく育っていたのは、半透明の緑色っぽい虫(スマホの画面手前)でした。

b0189727_10225754.jpg
きらきら光る石を探しています。
b0189727_10475046.jpg
b0189727_10490943.jpg
笑顔の素晴らしいみなさんでした♪
b0189727_10495100.jpg
ことりはうすに戻る手前で4名のオランダからの方々とすれ違いました。
これからももっと来ていただけるとうれしいですね。









by kotorihouse | 2017-06-17 10:58 | その他 | Comments(0)

かわいいけれど・・ブナハアカゲタマフシ

ブナハアカゲタマフシと書くと覚えにくいですが、
ブナハ アカゲ タマフシと区切ると納得ですね。
ブナの葉についた赤い毛に覆われた丸い虫こぶで、中にタマバエが卵を産み付けてできます。
「若葉の展開とともに急速に虫えい(虫こぶ)が形成される」ということで、まだ芽吹いたばかりなのに
しっかりとできていました。

b0189727_14524816.jpg
中を割ってみました。
なにかが入ったあとのような空洞はありましたが、卵または幼虫らしきものは見えませんでした。

b0189727_14514690.jpg

by kotorihouse | 2017-04-29 15:42 | その他 | Comments(0)

はじまりは雪

新年度がスタートしました。
今年度もいろいろ楽しいイベントを行っていきたいと考えていますのでよろしくお願いいたします。
新年度は思いがけず雪景色のスタートとなりました。
通勤時、蔵王からの車には雪が乗っていたので、もしかしたらとは思ったのですが、町道えぼし線は道路に積雪はありませんでした。ところが、ことりはうすに右折するところから積雪量が一気に増えたかのように5センチ近くの雪が積もっていました。
でもタイヤ交換してしまった人もなんとかあがってこれるような雪でした。その雪も道路の雪は午後には消えてしまいました。
b0189727_15191703.jpg


by kotorihouse | 2017-04-01 15:23 | その他 | Comments(0)

2017.03.17雪その後

厳し気な雪景色を作り出したおとといの雪から一転、昨日3月16日朝は天気が良く、雪と青空が織り成して、美しい景色を見せてくれていました。
b0189727_14495390.jpg
本日3月17日は木々に残っていた雪もほとんど落ちていつもの見慣れた景色に
戻ってしまいました。
ただ、除雪を行ったため道路には雪は残っていないので運転で心配をしなくてすむのは、好都合です。
b0189727_14595948.jpg
森に様子を見に行ってみました。
雪解けの早い入り口付近は5センチくらい。
b0189727_15014312.jpg
そのほかの場所は平均20センチくらいの深さで残っていました。
今回の雪は重かったので、あちこちで枝が落ちてしまっていました。
b0189727_15031861.jpg
巡視から戻ったら、ことりはうすに遊びに来てくれていたファミリーさんが楽しそうにそり遊びをしていました。
b0189727_15040732.jpg
b0189727_15042535.jpg






by kotorihouse | 2017-03-17 15:24 | その他 | Comments(0)

2016.02.03スノーシューで森歩き

新地町立福田小学校のみなさんを案内しました。
「自然の家」さんからスノーシューで歩いてきたみなさんに森を案内しました。
森の中へ足並みをそろえて歩いて行きます。
b0189727_1322295.jpg

「この樹の冬芽の寒さ対策はねえ・・・」などとお勉強しながら進みます。
b0189727_13231378.jpg

b0189727_13275134.jpg

今年の繁殖用に去年秋にかけた巣箱の中を覗いてみます。
小さな動物が使ったり鳥が事前にお試しで入ったりすることもあるのですが、このときは
なにも入っていませんでした。
b0189727_13295163.jpg

そんなに急そうには見えませんが、「なんだ坂、こんな坂」の急坂です。
b0189727_1432340.jpg

「ぜいぜい」「ふう」
b0189727_14114176.jpg

太平洋。新地町は見えなくてもSFはみえる?????
b0189727_14133750.jpg

サルナシの蔓で遊んでみたり
b0189727_14141596.jpg

b0189727_14214766.jpg

シリセードで遊んでみたり。
b0189727_14153597.jpg

by kotorihouse | 2017-02-05 14:31 | その他 | Comments(0)

2017.01.28INSノルディックウォーキングのみなさんが雪上トレッキングに来てくれました

いつもは雪のないところを歩かれているノルディックウォーキングのみなさんが
雪上トレッキング体験に来てくれました。
歩きには自信のあるみなさん、雪の上もとても元気に歩かれていました。
b0189727_1143881.jpg
b0189727_11432557.jpg
b0189727_11433878.jpg
b0189727_11435276.jpg
b0189727_1144211.jpg

by kotorihouse | 2017-01-29 11:50 | その他 | Comments(0)

2017.01.25野鳥の森その他の様子です。

一番手前の楽なカッコウコースでえぼしスキー場まで歩いてみました。
スノーシューを付ける玄関前に早速動物の痕跡がありました。
サツキの植え込みから玄関に向かって伸びている足跡、アカネズミでしょうか。
b0189727_13224964.jpg

すぐそばの林の中には木から木へ移ったり、倒木処理をした塊へ入ったり出たり
忙しく動き回るリスの足跡があちこちについています。
b0189727_13311579.jpg

b0189727_13312768.jpg

楽しく遊んでいる姿を想像したいところですが、食べるものを探して必死なのかもしれません。
この日に森で見た足跡はリスのものだけ。
300gほどしかないニホンリスだから降ったばかりのふかふかの雪の上でも歩けるんでしょうね。
人間だとスノーシューを履いて平均で足首上まで潜る雪でした。

展望地からは今の季節ならでは、で、水平線がはっきり見えていました。
b0189727_13412657.jpg

観察路に立ててある「カ1」とか「ウ3」という標識は雪に潜って見えなくなっています。
木に巻いてある赤いテープを追いながら歩いて下さいね。
そして、雪が降ったばかりの時に注意しなければいけないのが下の写真です。
b0189727_13473311.jpg

直径1メートルくらいの穴があちらこちらにあいていました。
特にアカマツは密集した葉に雪が積もりやすく、これがドーンと落ちるとかなりの迫力になります。

冬だからこそ見られる景色があります。
風紋と木影が作るアートな模様ができていました。
b0189727_135266.jpg

b0189727_1356417.jpg

えぼしスキー場の駐車場に上るところは吹き溜まるところで膝以上まで潜るところもありました。
もがきながら登ってみた前烏帽子岳、後烏帽子岳。冬場は存在感を増しています。
b0189727_140656.jpg

今度の土、日も絶好のコンディションでスノーシュー歩きが楽しめそうです。

少し前に南側ピロテイーのつららを紹介しました。
北側のものは一度落ちてしまったのですが、あっという間に成長し、南側のものにもう少しで
追いつきそうなくらい長く伸びました。今年は地面まで届くでしょうか?
b0189727_14104037.jpg

by kotorihouse | 2017-01-26 14:45 | その他 | Comments(0)

そりあそび

森林広場入り口の斜面にそりコースを作りました。
ちょっとでこぼこが残りワイルドなコースはそれなりに面白いようでこどもさんたちに人気でした。
b0189727_14484442.jpg
b0189727_1448596.jpg
b0189727_14491419.jpg
b0189727_1449305.jpg

by kotorihouse | 2017-01-25 14:50 | その他 | Comments(0)

2017.01.21本日のことりはうす

今日は青空でスタートしました。
前庭の積雪は50センチ弱。明日はスノーシュー日和になりそうです。

南側ピロテイーのつららが5m以上に育ちました。
立ち入れないようロープは張ってありますが、落下の際破片が飛び散ることもありますので
注意して通行してください。
b0189727_1574231.jpg

管理道は上手に除雪してもらっていますので、建物そばまで車で上がってくることができます。
(午後はアスファルトが見えてきた部分もあります)
b0189727_15111518.jpg

今日もえさ台は鳥たちでにぎわっています。
最近はカワラヒワが目立っています。えさを違う場所に運んで食べるカラ類が入れ替わりで
やってきますが、お互い気にすることなく、うまくえさを分け合っているように見えます。
何度シャッターを切っても上手く写ってくれないカワラヒワです。
b0189727_15564558.jpg

コガラはかわいく撮れるのにね。
b0189727_15565663.jpg

やっぱりうまく撮れないカワラヒワ。
b0189727_1557789.jpg

ヤマガラもちゃんと写っているのにね。
b0189727_15571597.jpg

冬になるとえさ台の常連になるゴジュウカラもせっせとえさを運んでいます。
b0189727_161536.jpg

b0189727_1612799.jpg

おまけですが、先週の土曜日にはアカゲラもやってきていました。
b0189727_1632313.jpg

by kotorihouse | 2017-01-21 16:11 | その他 | Comments(0)