<   2010年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

森林浴教室からのお知らせ

ことりはうすで毎月第2曜日に行っていた「森林浴教室」の日程が、
7月から第2曜日に変更になります。
b0189727_111443100.jpg
7月は10日実施予定です。
時間等に変更はありません。
 9:30(ことりはうす玄関集合)~13:00(ことりはうす解散)
 予約不要
 (10名以上で参加予定の場合は事前にご連絡ください。電話0224-34-1882)
 参加費500円
 森を歩くのに適した靴、服装(長そで長ズボン、帽子など)でお越し下さい。
 雨具、散策途中の飲み物もあると良いです。
 (お弁当を持参されて終了後に、ことりはうすのピロティーでのんびり昼食をとるのも
 お勧めです。)

 出発前とことりはうす到着後に、唾液からストレス値を計測して変化を見ます。
 植物の内情にまで(!?)詳しいインストラクターのご隠居様が、ゆっくりと野鳥の森だけでな
 く(野鳥の森を飛び出すこともしばしば…)森近辺も含めて、無理なくガイドしてくれますの
 でハードな登山はちょっと…という方にもお勧めです!!
by kotorihouse | 2010-06-25 11:35 | イベント | Comments(2)

巣立ちビナ続々登場-2

シジュウカラに続いて「ヤマガラ」の子連れに会いました。
こちらはあと数週間で親離れするのか、親からエサを貰いつつ自分でも上手にエサを探していました。
親鳥の移動スピードも早めです。林の中を移動していた2親が、林を飛び出し一気に山の方へ飛んで行ってしまうと、2羽のヒナは林縁の木にとどまり、もう2羽は林の奥に戻ってしまいました。
親が戻るのを待つのかな~と観察していると、林縁にとどまった内の1羽がこちらに気づきました。
しばし、チラチラこちらを見ながらエサを探していましたが、ふいにこちらに向かって飛んできて、私の背後にあるアカマツの枝にとまりました。
b0189727_2024126.jpg
      (まだ親鳥のように鮮やかなオレンジではなく、全体的にくすんだ羽色)

       シャッター音に興味を持ったのか、すぐ頭上の枝に降りてきました。
b0189727_20122166.jpg
         「ツィ、ツィ~(なんだコイツ、オレ(?)が追い払ってやるよ~)」
………とでも言っているような(近すぎて、ピント合わせが困難です)
そのうちもう一羽もやってきました。互いの顔とこちらを交互に見て、鳴きながら近づいたり離れたりを繰り返していました。
b0189727_20164492.jpg
              「なんだろね~?」     「どうしようか~?」
真上だと写真が真っ黒につぶれてしまう上に、首が痛くなってきたのでこちらが退散しました。それにしてもシジュウカラのヒナの反応との違いといい、同じヤマガラの4兄弟(姉妹)でも性格は違うのでしょうか…。
あまり好奇心が強すぎるのも心配になってきます。
by kotorihouse | 2010-06-19 19:54 | 鳥類 | Comments(4)

巣立ちビナ続々登場

6月に入ってから、ことりはうす周辺でも「カラ類」の巣立ちビナの声があちこちで聞こえるようになってきました。
ヒナたちは、親鳥から食べ物の採り方など一人前になるためのレッスンを受けている最中です。
うっかりその近くを通りがかると、「ツピー!!ジュクジュクジュク!!!」親鳥からお叱りの言葉をうけます。急いでその場を離れますが、しばらくは親鳥の怒りの声が聞こえてきます。
そんな親鳥の反応を見て、ヒナたちは「あれが危険なものなんだな…」と認識していきます。

この日、ことりはうすの前庭で植物の写真を撮っていると、すぐ近くからカラ類の巣立ちビナの声が聞こえてきました。声の方向を探すと、足もとのドウダンツツジの中から2羽ほどの声、そしてその奥のナナカマドの枝に1羽、こちらは枝にとまっている姿が見えました。
b0189727_19113143.jpg
親鳥は餌捜しにお出かけ中なのか、見当たりません。
ヒナは「なんかいるよ。こわいけど、どうしよう~」といった感じで(に見えました。)鳴き合いb0189727_19175449.jpg
ながらこちらを見ています。

ではちょっと写真を撮らせてね~とシャッターを押すと、シャッターの音に驚いたらしく、頭の羽がふくらみモヒカンのようになりました。
「なんかこっち見てるよ。カシャカシャ言ってるよ~。」
いかに緊張しているかが伝わってきます。

そこへヒナとは比べものにならないほど、鋭い怒りの声が聞こえてきました。
「ツピィー!チィージュクジュクジュク!!!」
b0189727_1923324.jpg
お父さんの登場です。見ると羽は水浴びでぐっしょり、そして口にはアオムシをくわえていました。
水浴びの後、羽づくろいでもしようか~ととまった枝に、アオムシを見つけたのでしょうか?
自分のお手入れを後回しにして新鮮な御馳走を運んできたところに、可愛いヒナを泣かす輩が!!(お怒りはごもっともです。)b0189727_1931040.jpg

親が戻ってきて少し安心したのかヒナが「ご飯ちょ~だい!」と鳴くと、親はヒナの元へ行きエサをあげました。(その時もしっかりこちらを視界に入れています。→)

レンズ越しに、スズメくらいの大きさ(やや小さめ)の体から近づきがたい迫力を感じました。
b0189727_1943742.jpg
ヒナから少しずつ離れていくと、やっと自分の羽づくろいを始めました。
by kotorihouse | 2010-06-09 18:56 | 鳥類 | Comments(2)