<   2011年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

着地しました。

b0189727_16232247.jpg
ことりはうすの屋根から長大な氷柱が伸びています。
この冬は日中、氷点下で陽が射す日が多く氷柱の成長に期待が持てました。
正面の氷柱は何度か人の手で折られ(下からは大変危険です!!)ましたが、建物裏側でひっそりと成長を続けた氷柱はとうとう地上の雪に届きました。
b0189727_162438.jpg
午前中はあと5mmほどでしたが…
b0189727_1625236.jpg
夕方見てみると、到達していました。
過去のことりはうすでは毎年見られる現象でしたが、ここ数年は日中の気温が0度以上の日があり、ほとんど大きくなる前に融けたり、重さで落下していました。
b0189727_1636362.jpg
1月16日
まだ地上(雪)まで1mくらいあります。
b0189727_16364988.jpg
1月20日
あと30cmくらい
b0189727_16371784.jpg
1月25日
あと5cm切りました!














久しぶりの氷柱の着地(?)になんだか嬉しくなります。
到達した氷柱は、このまま太くなっていく予定です。

折れた正面(両サイド)の氷柱も見事ですので、お越しの際はぜひ注目してみて下さい。
(いつ落下するか予測出来ませんので、近づかないで下さいね。)
by kotorihouse | 2011-01-27 00:00 | Comments(2)

アカゲラくん、ヒマワリの種も食べる

b0189727_1910365.jpg先日紹介したアカゲラくんは、毎朝のように脂身を食べに通って来ています。



今日は脂身を食べた後、ヒマワリの種がある餌台に忍び寄り。。。
b0189727_1913139.jpg忍び寄り。。。
b0189727_19134629.jpg餌台の隅っこや、木の隙間に種を固定してつつき割って食べています。
この手(?)慣れた様子から、おそらく常連さんのようです。
b0189727_19183421.jpg
このアカゲラくんにあえるのは、午前中(朝)がお勧めです。
by kotorihouse | 2011-01-25 00:02 | 鳥類 | Comments(0)

ヤマドリさん登場

イチイの若木の下に、何やら大きな鳥影が。。。
b0189727_1833142.jpg
こちらに気付いて隠れましたが、長い尾羽がバレバレです。
b0189727_1834954.jpg
立派なヤマドリ♂でした。
見通しの良い雪原では隠れられないと思ったのか、新雪の上を時々はまりながら 歩いて距離をとると、ジャーンプ!と跳びあがり、木の枝に留まりました。(当然ですが、なぜかヤマドリだと おぉ~!と感心してしまいます。)
お食事の邪魔をしてしまいました。
b0189727_18415513.jpg
ヤマドリの足あと(過去に撮影したものです)
by kotorihouse | 2011-01-25 00:01 | 鳥類 | Comments(2)

ことりはうす周りの主

この冬、ことりはうす周りを「なわばり」にしたらしいハクセキレイは、本日も建物周りを巡回(餌探し)しておりました。
鉢合わせになると少し逃げますが、こちらが追わずにじっとしていると戻って来てくれ、ちょこちょこ歩きまわる姿が観察できます。
b0189727_18211040.jpg
「雪の上だってあるけます!」
b0189727_1824358.jpg
ズボッ!!「。。。足が細いからはまりやすいのです…」
b0189727_18265465.jpg
「とう!(何度もつつくと糸が枝に絡まって固定されるのですょ)」
餌台側は他の鳥たちがいるためか近づかず、1羽で正面玄関前のバードケーキに何度も飛びあがってつついています。

人をあまり恐れない性格なので、いろいろな仕草を見せてくれます。
by kotorihouse | 2011-01-25 00:00 | 鳥類 | Comments(0)

アカゲラくん、脂身を食べる。

1月18日、脂身を置いた餌台(脂身台)にアカゲラ♂が訪れました。
b0189727_16211548.jpg
「ねぇねぇ、それおいしい~?」   「なんだようるさいな。。。」  「次ぼくの番~!」
(脂身を食べているシジュウカラに?興味津々)
この日はまだ不慣れだったのか、中に入れず周りをウロウロ。屋根の雪を食べて森に帰って行きました。

後日、すでに朝から中に入って熱心につついていました。(減りが早いです…)
b0189727_1638563.jpg
          「ちぇ~早くしてよ」      「もっと食べるもんね」
(こうなると体格差でシジュウカラたちは待たねばなりません。)
現在、アカゲラくんが脂身を食べる姿は、観察室内からそっと(動かず)見る分には、じっくり見せてくれます。
by kotorihouse | 2011-01-21 00:00 | 鳥類 | Comments(4)

イベントのお知らせ

2月に実施します、野鳥観察イベントのお知らせです。
b0189727_1239062.jpg

野鳥のくらしを知ろう・第3回「冬の森と野鳥」
雪の野鳥の森に棲む鳥たちに会いに行こう!b0189727_1355870.jpg
日 時:2月19日()10:00
      ~20日()12:00
参加費:中学生以下 2,000円
     大人      2,600円
申込み:要予約
     電話(0224-34-1882)
     または ことりはうす 受付にお申し出下さい。b0189727_1343223.jpg
     (締切り2月5日頃)
内 容:
 かんじきを履いて雪の野鳥の森を散策。野鳥や、動物の足跡の観察、雪遊びなどします。
 普段は近づくことができない、餌台の目の前でバードウォッチングも予定しています。頭上を行き来する小鳥たちの、羽音や姿を間近に感じることができます。
 夜は隣接する「蔵王自然の家」に宿泊(温泉ですよ~♪)。b0189727_13164860.jpgb0189727_13182566.jpgb0189727_13205037.jpg
餌台前での観察↑
じっとしていればリスくんが登場することも…。
by kotorihouse | 2011-01-19 00:00 | イベント | Comments(0)

ことりはうすのお正月~大盛況でした~

1月15・16日と実施したお正月イベントの様子です。
心配していた天気も大荒れにはならず、予想を超えて たくさんの方にお越しいただき大盛況でした。
b0189727_9252696.jpgぺったん餅つき体験

「よいしょぉ!」「ほい!ほい!!」お客様が掛け声で盛り上げてくれました。
おかげではじめは遠慮がちだった子供たちも大興奮!!
みんなでたくさん ついたので、モチモチのお餅になりました。
b0189727_9281751.jpg

b0189727_9292948.jpg餅つきが混んできたので、
「焼きマシュマロ」コーナー
OPEN。
こちらも思いのほか大人気。焼くのが待ち切れずにそのまま食べて、もう1個なんて子も…
(火から少し離して焼かないと燃えて炭色に・・・)
b0189727_931952.jpg



************食べるときは、中は熱いので要注意!
                                 おいしぃ~♪
                             みんな何個食べた?
b0189727_9433922.jpg
あかしろ団子さし
(本当はあかしろきいろの3色団子)
b0189727_9444317.jpg
小正月の団子さしは「豊作祈願」や「一家繁栄」を願って行われる行事です。
家族みんなが豊かに暮せますよ~に!と願いを込めてミズキの枝に団子をさしたかは定かではありませんが、出来上がった団子の木を手に、みんな幸せそうです。b0189727_947868.jpg

団子以外のお飾りが足りなくなってしまったので、じゃんけん争奪戦です。
遅出ししてるのダレだ?
b0189727_9483749.jpg
自分たちでついた、つきたてお餅は お雑煮、あんこ、くるみあん、ホウレンソウあえなどなど…あっという間に完食です。
あまりの盛況ぶりに、写真を撮る余裕がありませんでした…。
プライベート兼、取材でやってきた協会の看板嬢にもお手伝い頂いてしまいました。
(ありがとうございます。お餅足りなくなってしまってごめんなさい…)
b0189727_9494243.jpg竹かごつくりに挑戦(16日)
ことりはうす竹かご名人指導の元、おしゃれなカゴつくりにチャレンジ。
今回は女性に大人気。b0189727_1001210.jpg






完成~
                              師匠と記念撮影
                      みかんを入れたら可愛いかも。

b0189727_105581.jpg巣箱つくりコーナー
(コンコンコンコン・・・優しげな音が)
どうやら初かなづちの様子。
あきらめずに自分で釘を打ったよ!持ち帰る時は大切そうに巣箱を抱きしめていました。
b0189727_1093858.jpgバードケーキつくりコーナー
餌台にかけたらシジュウカラがさっそく食べにきました。
(お家の庭にかけるのが楽しみ)b0189727_10104278.jpg



ハクセキレイも食べにきました。
気に入ったのか、羽ばたきながら何度もつついて食べる姿が、
ガラス越しに目の前で見られ、子供たちは大騒ぎ。
b0189727_10174937.jpg~観察室から~
いつもより賑やかなので、どうかな?と思っていましたが、
今日もやってきました冬のアイドル新人カモシカさん。

カモシカが登場すると、イベント中断でみな観察室へ。。。b0189727_10272391.jpg




ギャラリーの多さに驚いて、しばし動かなくなってしまいました。
イチイの葉を食べたそうですが、ちょっと怖いみたいです。
b0189727_1034016.jpg
盛りだくさんのイベントでした。
お越しいただいたみなさま、ありがとうございました。


                       ちょっとお疲れ。。。
by kotorihouse | 2011-01-16 00:00 | イベント | Comments(0)

占拠される…

b0189727_17451834.jpg日中も氷点下の日が続き、屋根の氷柱が数年ぶりに巨大になって来ました。
今度の寒波でさらに成長するでしょうか。

本日は氷点下ながらも ことりはうすは風もなく、日差しがあり穏やかでした。






そんな中、朝から新人カモシカが来ていました。すでに雪の上で食後の反芻中です。
b0189727_1752959.jpg
イボタノキを食べる際に、ほど良い「くぼみ」ができたようで居心地がよさそうです。

問題は餌台の脇なので餌出しができません。
カモシカが去るまで、鳥たちには しばし お待ちいただくことになりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・しかし、動きません。
前を向いたまま、じ~っとしています。もしや・・・
b0189727_17582475.jpg
日差しがあまりにも気持ちよいのか、寝ていました。(時々耳は動かします)
困りました。リス(3頭来ました)や鳥たちは餌台をのぞいたり、雪を掘って種を探しています。写真を撮っていると、ヤマガラが「まだ?」とでも言わんばかりに近くの枝に留まります。
b0189727_1892863.jpg
が~ん(種が)ありません…
b0189727_18125544.jpg
こうなったら掘るしかないでしょう!(ヤマガラ見てます)
b0189727_18134359.jpg
ありました~!!あちこち掘って雪まみれです。

すでに2時間半は過ぎていますが、カモシカはまだ うとうとしています。
こうなったら気付かれないよう種を置きに行くことにしました。
遠回りし、カモシカの背後側から一番離れた餌台に近づく方法です。幸いこちらが風下で、においでは気付かれません。ゆっくり静かに、耳の動きに気をつけながらじわじわ進みます。(ヤマガラたちが急かします)
b0189727_18244257.jpg
なんと成功しました。(餌台の上にヒマワリの種が入ったザルを置きました)
種を置いた餌台(左)からカモシカ(右)までの距離。
b0189727_18553052.jpg
カモシカは同じ格好で目をつむっています。そのまま11:20、ようやく立ち上がりイチイの葉を食べ始めました。

15・16日は「ことりはうすのお正月」イベントが実施されますが、姿を見せてくれるでしょうか?
ちなみに2日間とも「餅つき」「団子さし」体験・「バードケーキ作り」「巣箱作り」。
16日のみ「竹かごつくり」を実施いたします。(HPイベントに掲載)是非お越しくださいませ。
by kotorihouse | 2011-01-14 00:00 | いきもの | Comments(2)

カモシカ登場(2011.)

1月10日から連日、カモシカが餌台前に姿を見せるようになりました。
左ヅノがない(根元がわずかに残っていますが)常連カモシカです。
b0189727_165795.jpg
この子は、2001年秋ごろには すでに10歳前後と見られていたので、今やかなりのご高齢です。(当時はまだ両ヅノとも揃っていました)
b0189727_1652199.jpg
こちらは、昨年11月に出会ったときの姿。冬に比べ(毛のボリュームも関係して)スリムです。例年なら、このカモシカ(「しずく」と呼ばれていました。)1頭のみがこの場所を利用しています。
しかし、13日は別のカモシカが来ていました。
b0189727_1635062.jpg
ツノは2本ともそろい、先がとがっています。体も気持ち小柄で白っぽい個体です。
室内の窓から動く人影にいちいち反応します。
初めは、カメラのシャッター音にも辺りをキョロキョロしていました。
ドキドキしながらイチイやイボタノキの葉を食べている姿が初々しく感じられました。(ツノの縞を数えたところ、11歳くらいのカモシカです。)
少し落ち着いてきたころ、餌台脇の林からもう1頭のカモシカが現れました。常連の「しずく」さんです。
ところが新人さんは気付かず、イチイを食べ続けています。
b0189727_16455929.jpg
うしろ、うしろ~!!
b0189727_16485672.jpg
「あら、気付いてないの?」                      「つぎあっちたべる~」
気付く様子もなく今度は斜面を上がりイボタノキを食べに…
b0189727_16524869.jpg
「ちょっと、気付かないの?」                     「いたの?」
通り過ぎる新人に、しずくの方が近づいて行きます。
お互い匂いをかいで相手を確認し(木の陰で撮影できませんでした。)そのあと、2頭はイチイを揃って食べていました(もしかすると親子かもしれません)。
やがて、先にいた新人はお先に~と、林に入って行きました。しばらくして、しずくも同じ方向に去って行きました。b0189727_1659367.jpg


見かけたら、
どちらのカモシカか観察してみて下さい。










                                      なにこれ?気になる~
by kotorihouse | 2011-01-13 00:00 | いきもの | Comments(0)

ホシガラスがやってきた!

本日、森林浴教室の最中にホシガラスの群れに出会いました。
b0189727_16571555.jpg
森に入ってすぐ、アカマツの混成林をバラバラ移動して来ました。マツボックリをもいで食べ始めるものもいます。(食事中は無言)
カメラに入るのはなぜか皆お尻…。白い、尾羽の先端と下尾筒(お尻の辺り)の三角が目立ちます。(写真だとしずく型ですね)

しばらく観察していると見やすい枝で、食事を始めてくれました。
もいだマツボックリをくわえて、安定した枝の上に置き、足で押えて中の実を食べます。
b0189727_16582613.jpg

白い斑点が印象的です。

群れの数は30羽くらいで、ゆるく長い列で最後尾かな?と思うと次がやってきます。
(実際はもっといたのかもしれません。)

夏場は高原など、標高の高い山で見られる小柄なカラスの仲間で、蔵王ではアオモリトドマツやハイマツなどが生える亜高山帯~高山帯で会うことができます。

冬、積雪量が多くなり 餌さがしが困難になると野鳥の森にも下って来ます。
ホシガラスがやってくると、山頂付近の積雪も順調なのだなと、少し安心します。

野鳥の森を散策中に、上からマツボックリが落ちてきたらホシガラスかもしれません。
(この時期の散策は、カンジキやクロカンがお勧めです。)
by kotorihouse | 2011-01-08 00:00 | 鳥類 | Comments(2)