<   2011年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

野鳥のくらしを知ろう-3 冬の森と野鳥

2月19-20日 1泊で「野鳥のくらしを知ろう」を実施しました。
1日目
b0189727_12443334.jpg
晴天で気温も上がり、薄着で野鳥の森へ出発します。(雪の反射が眩しいです。)
b0189727_14121757.jpg
森に入ると、木の影のおかげで眩しさが少し和らぎました。途中、コースを外れて斜面を登ってみたり。。。
b0189727_14103710.jpgb0189727_14105283.jpgリスの可愛い足あとを見つけ、撮影会(左)
マツボックリの中の種を食べたあとの「エビフライ」も発見。(1か所に9個もありました。)
b0189727_14352059.jpgノウサギの足あと発見。
まだ新しいから、私たちに気付いて逃げたのかも…ちょっと辿ってみよう~と思ったら、少し進んだところで、つい先ほど猛ダッシュしたらしい足あとが…。
つけられてる!!って気付いたのかな?
そのまま谷を越えて隣の森へと足あとは続いていました。(ウサギさんごめん。。。)b0189727_14414141.jpg
右の写真はウサギがカエデの冬芽を食べた痕。そこから樹液がしみ出て凍っていました。
冬でも枝先まで水を通しているんですね。
b0189727_14421429.jpg
アカマツに、バリバリと開けられた巨大な穴を発見!すごい力の持ち主の仕業です。
樹皮には爪痕が、ツキノワグマのようです。
幹の空洞になった部分にアリが巣をつくっていたらしく、去年の秋頃でしょうか、それを食べようと奮闘した姿が浮かびます。
b0189727_14591130.jpg
(足場のない幹に必死でしがみついた努力の跡)
b0189727_14422460.jpg
こちらは白くてフワフワの羽が木に引っ掛かっていました。
大きさから見てもフクロウの羽です!ここでネズミを狙っていたのかな?
たぶん、どこからか私たちのことを見てますよ…と話していると、参加者の女性が「あの大きい鳥なに!?」と指差した先には、ス~ッとアカマツ林を抜けていくフクロウの姿が!!!そして枝に留まり、こちらを見ています。(みんなにフクロウが留まった場所を説明している最中に飛んで行ってしまったので、写真はなしです。)
発見した女性の話では、すぐ近くの木から飛び出したとのこと。すごいラッキーです。
(その先でノネズミの足あとも観察でき、生態系のつながりを実感できました。)

夜は蔵王自然の家に宿泊。温泉で温まりました~。

2日目
b0189727_1517765.jpg
朝一でことりはうすの餌台の前に陣取り、木化け?の術~怪しく見えますが、じっと動かないことで鳥や動物たちが近くまで来てくれ、普段の行動を間近で観察できます。
今回リスが4頭登場してくれ、にぎやかでした。
b0189727_15233959.jpg
この冬長期滞在しているマヒワも足元まできてくれました。カワラヒワより図太…度胸があるのでしょうか。
リスが雪の上を歩く「シャ、シャリ…」という足音や、鳥たちの羽ばたきの音が聞こえるのも醍醐味です。(この体験は、なんどやっても感動します。)
b0189727_1531329.jpg30分ほど体験したあとは、野鳥の森をお散歩しました。
ノウサギのフンを見つけ、匂いをかいでもらうと意外な感想が…「メンソール系の匂いですね。」
え!?と思い自分でも嗅いでみると、確かにス~っと鼻を抜けるような香りがします。
中を見ると、緑色の繊維に混ざって赤茶色の粒々が混ざっていました。周囲を観察すると、近くにアカマツの倒木があり、他の木と擦れてところどころ皮が剥けていました。
b0189727_15543470.jpg
アカマツの形成層を食べたために、こんな匂いがしたようです。(一般的?なノウサギのフンの匂いは、ぜひ嗅いでみて下さいね。)
2日間、これまで以上に盛りだくさんな内容でした。
by kotorihouse | 2011-02-22 00:00 | イベント | Comments(4)

ことりはうすの冬あそび(実施しました。)

2月11~13日の3日間、行われたイベントの様子です~
「雪の森で森林浴」
b0189727_10391513.jpg緑生い茂る季節でなくても、森林浴体験はできるのです!

b0189727_10475760.jpgb0189727_10481127.jpg
今回は小さいお子さんも参加。
雪の森は楽しいことだらけで滑ったりごろごろ転がって雪まみれ。
(冷たくないの?夢中だから遊んでいる間はへっちゃらみたいです。)
b0189727_10525355.jpgb0189727_105379.jpg出発前と、ことりはうすに到着後に、アミラーゼの数値と血圧を計測。
結果はどうかな…。

「竹かごつくりに挑戦」
b0189727_10572523.jpg今回は少人数ということもあり、かんたん…とは言い難い中級の「六目かご」編みにチャレンジ!
じっくりと講師に教えてもらいます。b0189727_11142593.jpg






「立ち上げ」まで行きました。
なかなかにきれいな六角形!今日はここまで。続きは3月だそうです。
「簡単じゃなかった(笑)」とのことでした。

「プチまたぎ体験ワラダ投げ」
b0189727_1118785.jpg和製フリスビー(?)コーナー
思い切り遠くに飛ばしたり
的を狙ったり。。。
(だんだん的との距離が近づいていきます…)b0189727_1154477.jpg
このあとは自然とソリ遊びへ移行。やはり雪遊びは楽しい!!

「巣箱作り・餌台作り・クラフトコーナー」
現役大工さんからの手ほどきのもと、立派な巣箱や餌台が完成!!
b0189727_1135691.jpgb0189727_11351918.jpgb0189727_1233564.jpg
b0189727_128113.jpg
b0189727_128177.jpgこちらはクラフトコーナー
大作・動物園が完成予定です!
(クラフトコーナーは常時体験できます。
      1作品300円)
ご来館下さったみまさま、ありがとうございます。
by kotorihouse | 2011-02-15 00:00 | イベント | Comments(0)

かんじきで雪山探検

2月6日()実施したイベントの様子です。
十分な積雪と、好天に恵まれました。
まずは雪の上をあるくための優れ物「かんじき」の説明。
b0189727_1452916.jpg
          「これが“かんじき”ですょ~」
準備運動もして、かんじきを履いたらウォーミングアップを兼ねて「ワラダ投げ」に挑戦。
b0189727_14564725.jpg
道具は講師のお手製。昔、実際にマタギの人たちがウサギやヤマドリを捕まえるのに、使っていたそう。ウサギの頭上を通過させるように投げると、オオタカと勘違いして動かなくなってしまうんだって。今回はウサギの的を狙って投げます。
(誤ってワラダがこちらに飛んできて、思わず身をすくめて固まってしまいました。ウサギの気持ちがよく分かりました!!?)
b0189727_15274054.jpg
かんじきに慣れてきたところで、森へ探検に出発!!
ベタベタ冬芽や、ガのマユ、リスの足あと、アナグマ?が地中の虫を探して掘った穴など、観察しながら進みます。b0189727_15103126.jpg

ムササビのフンも発見。雪の上にパラパラ散らばるように落ちていました。(正露丸みたいです。)
ムササビはわざわざ降りてきてフンをしたの?と参加者から質問。…みなさんはどう思いますか?

お昼休憩は暖かいドリンクサービスと、スタッフHさんの「葉っぱの笛」の演奏つき!
豪華な昼食タイムです。
b0189727_1518843.jpg
「ゆ~き~よぉ~♪」みんなで合唱しました。

体力も回復したので、再び出発!!b0189727_15241632.jpg
当然のごとく、斜面は滑り降ります~。
(ときどき人間雪崩が発生)
前回も参加してくれた姉妹は、待ってましたとばかりに滑り始めます。

雪がふかふかなので、落差のある場所でも思い切り楽しめ、この時ばかりはスタッフも含め全員童心にかえります。

途中、ウサギが走り去って行きました。
(撮影ならず)
講師が「茶色くて大きかったでしょ?あれはナベウサギです。」(冬も毛が白くならないノウサギのことだそうです。マタギ語?)
b0189727_15343117.jpg
人と一緒に転がっていた小さな雪玉が、転がり落ちるにつれてこんな巨大に!!(みんな大興奮)
b0189727_15411124.jpg
疲れたら雪の上に寝転がります。不思議と気持ちが静かになって行きます。
思い切り雪山を探検することができました。
by kotorihouse | 2011-02-11 00:00 | イベント | Comments(0)

ことりはうすの冬あそび

2月11~13日の3日間
「ことりはうすの冬あそび」
を実施します。

内容
b0189727_852296.jpg[11・12・13日 9:00~15:30随時]
・巣箱作りコーナー参加費800円
・ソリすべり(子供用ソリ無料貸出)
・プチまたぎ体験 ワラダ投げ
b0189727_171325.jpg[12日 9:30~13:00]
・雪の森で森林浴参加費500円
冬の森を、雪景色の野鳥の森をのんびり散策します。
雪の中を歩ける服装(防水性のあるもの)冬用ブーツ(長靴)でお越し下さい。
b0189727_1731478.jpg[13日 10:00~15:00]
・竹かごつくり(要予約)参加費1,000円


b0189727_1742098.jpg巨大氷柱も一か所残っておりますので、この時期にぜひ遊びに来て下さい。


                             お待ちしてます~
by kotorihouse | 2011-02-10 00:00 | イベント | Comments(0)

マヒワ再び

2月4日ころから、ことりはうすの餌台周辺にマヒワが 7羽前後 来ています。
(昨年は11月にカラマツ林に来ていました。)
b0189727_1503639.jpg
小さな体に、黄色い羽をぷっくり膨らませる姿がなんとも可愛らしいです。
チョンチョンとホッピングしながら、雪の上に落ちたヒマワリの種(他の鳥の食べ残し)を食べています。
b0189727_152425.jpg
b0189727_15284160.jpg
         ↑マヒワのオス(坊主頭ッポイ。。。)
足で すでに割られた種を押さえつけ、中身をモチャモチャ食べています。
b0189727_1525197.jpg
         ↑マヒワのメス(薄い黄色。胸から下腹部にかけて縦斑が目立ちます。)
日中、カワラヒワの中に紛れたりしていますので、探してみて下さい。
b0189727_15463854.jpg
「う~ん美味です♪」
木の芽を食べに、同じアトリ科のウソもきました。(写真はメス)
by kotorihouse | 2011-02-08 00:00 | 鳥類 | Comments(4)

クルミがおいしい。

雪におおわれたこの時期、朝の餌台は一番賑やかです。
餌を置きに行くと、お腹を空かせたヤマガラやコガラが「おそいぞ~」とばかりに、抗議の声をあげて集まって来ます。
また、リスも午前中を中心に(現在は2~3頭)姿を見せます。

朝 餌台に行くと、奥の林から「ジョリジョリジョリジョリジョリ……」延々と何か削るような音が聞こえてきました。
すぐ近くの、枯れて倒れかかった木の上にリスが腰かけて、クルミをかじっている所でした。
(クルミは協会員T山氏がさし入れてくれました。)
b0189727_15424183.jpg
「あがあが。。。」
クルミ割りの熟練者は、実の合わせ目の尖った方を少しかじってきれいに割りますが、このリスはほぼ一周かじっています。(だから下手という訳ではありませんが。。。)
b0189727_15494723.jpg
「何か文句でも?」
b0189727_15505623.jpg
割れたら上手に割れた面を上にして2つ重ねて持ち、1つずつ食べます。
b0189727_1555535.jpg
「うまい~。」(しばらく目を細めていたので瞬きではありません。)
b0189727_15553051.jpg
「あ~もうない。。。」(うっとり顔(に見えます)で残さず最後まで食べました。)

食べ終えた後 クルミを餌台に追加してみると、さっそくくわえて木の根元に埋めていました。
(周辺の木の下は、リスが掘った雪穴がたくさんあり、朝、リスがエサ探しにピョコピョコ出入りします。)
b0189727_15593787.jpg

「ちゃんと蓄えもしてます。(盗らないでよ?)」
by kotorihouse | 2011-02-03 00:00 | いきもの | Comments(2)