<   2011年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

アナグマのお母さん

5月11日から餌台の下にやってきているアナグマは、いまのところ皆勤賞です。(休館日はわかりませんが、おそらく来ているはず…)
17日、このアナグマが「お母さん」であることが分かりました。
b0189727_16205840.jpg
腹部の両脇から、おっぱい が見えます。(白矢印)
子供が生まれて、いっそう栄養をつけようとしているようです。
b0189727_16413722.jpg
そう思って見ると、表情がお母さんらしく見えるような気が?(鼻にカラをつけてますが)

ときどき虫に喰われたのか痒そうです。
b0189727_1649348.jpg
「かゆぅい~(バリバリバリ)」
b0189727_16495647.jpg
「くう~(ゴロン)」
b0189727_16501948.jpg
「うぅ~(バリバリバリバリ…)」
b0189727_16503726.jpg
「はぁ~。。。」
そして再び食事を始めます。(N)
by kotorihouse | 2011-05-22 00:00 | いきもの | Comments(2)

タヌキでもクマでもなく。。。

アナグマ(イタチの仲間)が今年もやって来ました。
5月11日の夕方に1頭、観察室から見える餌台の下にやって来ました。

それからほぼ連日(5/13現在)登場しています。
b0189727_15511695.jpg
背中からお尻にかけて、こげ茶がかった色黒さんです。
鼻の頭にヒマワリの種のカラやサクラの花弁をくっつけて、フゴフゴお食事する姿が観察できます。
(観察できたお客さまからは「パンダみたいね」との感想が。)
天候によって差はありますが、観察室では午後の出現が高めです。

まれに森で出会うことがありますが、アナグマから襲ってくることはありませんので、じっとやり過ごしてあげて下さい。(気付かず3mくらいまでノッタノッタ接近してくることもあります)
                                                  (N)
by kotorihouse | 2011-05-13 00:00 | いきもの | Comments(1)

5月中旬以降イベントのお知らせ

ことりはうすにて5月中旬以降実施するイベントのお知らせです。
5月14・15日「春の早朝バードウォッチング」b0189727_1349535.jpg
今年もやります!
野鳥観察は朝が一番!!
時 間
   6:00~10:00(各日とも)
   (5:55玄関前集合)
申込方法
   要予約(前日まで)
参加費
   200円

5月14日「森林浴教室」b0189727_1354327.jpg
新緑の森をのんびり散策、のんびり歩こう。
(散策前と終了後にストレス値を計測します)
時 間
   9:30~13:00
申込方法
   当日受付
参加費
   500円

5月22日「春の森生き物観察会」
b0189727_1442234.jpgことりはうすスタッフと
春の野鳥の森へ生き物観察に出かけよう
時 間
   10:00~12:00
申込方法
   当日受付
参加費
   200円

5月29日「野鳥のくらしを知ろう-5」(子育て観察とマナー)b0189727_14501671.jpg
鳥たちは子育てに大忙し!
子育ての観察方法と、野鳥に対するマナーを知ろう
時 間
   9:30~15:30
申込方法
   要予約(2日前まで)
参加費
   500円


※5月28日の「春の蔵王トレッキング」は定員に達しました。
 たくさんの申込みありがとうございます。
by kotorihouse | 2011-05-12 00:00 | イベント | Comments(0)

ガビチョウ登場~

2011年1月28日のことです。
ことりはうすの南側を流れる つばの沢 辺りで「ジュジュジュジュビガビチョ…」と野鳥の森では聞きなれない鳥の声が聞こえました。
聞き間違いでなければ「ガビチョウ」の声ですが、その時は一声聞こえたきりでした。

確認できないまま4月21日の朝、同じ沢の少し上流にあるササの中から突然 飛び出してきました…(このときはカメラを持っていなかったため、画像は5月に撮影したものです。)
b0189727_15203077.jpg

ガビチョウはもともと日本に生息している野鳥ではないため(ペットとして輸入されたものが「かご抜け」し定着したそうです)掲載されていない「日本の野鳥図鑑」もあります。
しかし人家近くの藪が混んだ雑木林や河川敷などにいて、鳴き声も大きく目立つため「あれは何?」と嫌でも気がつきます。
近年は宮城県内でも珍しくなくなってきました。
ことりはうすから少し標高を下り、遠刈田や白石、七日原辺りでも数年前から確認されていましたので、いつか来るだろうと思っていましたが ついに登場です。

一言で「外来種」と片付けられ邪魔者扱いされがちなこともあり、日本での暮らしぶりはまだ観察され始めたばかりです。(少し前まで、ウグイスと繁殖環境が似るため競合するのでは?と心配されて来ましたが、最近は そうでもないらしい?とのことです。)

人間側の「好み」は別にして、謎多き(今後 日本での立場も)ガビチョウが野鳥の森で どのような生態を見せてくれるか、観察してみたいと思います。(N)
by kotorihouse | 2011-05-11 00:00 | 鳥類 | Comments(2)