<   2012年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

なかなか見ることができない野鳥

昨日27日、蔵王町在住の宮城県森林インストラクターY.Sさんが
めずらしい、というか、さえずりを聞いたことがある人でも実物を目にするのは
難易度が高いサンコウチョウの写真を持ってきてくれました。
Y.Sさんちにぶつかって脳震とうを起こしていたそうです。
急に寒くなってきたので、急いで南に向かわなきゃ、と焦ってしまったのかな、
なんて勝手な想像をしています。
(↑写真を撮った日が9月11日と言われていたのにボケたことを書いてしまいました)
暖かく見守っているうちに回復して無事飛んで行ったそうでなによりでした。
b0189727_1518012.jpg

サンコウチョウの雄は長い尾羽が特徴的ですが、渡去前には抜け変って短くなる
そうです。(文一総合出版「日本の鳥550」)
そうなってくると雄と雌、素人目にはちょっと紛らわしいですね。
このこはアイリングが細く見えるので雌かなと思いますが、どうでしょうか?

サンコウチョウの名前の由来はさえずりが「月・日・星ホイホイホイ」
と聞こえる聞きなしから「三光鳥」というのはみなさんご存じと思いますが、
図鑑で英名は
「Japanese Paradise flycatcher」
となっていました。
こちらもなんだかとっても夢のある名前ですね。
Japaneseと付くのもうれしい限りです。
冬はマレー半島やインドシナあたりでぬくぬくと過ごすようです。
by kotorihouse | 2012-09-28 15:43 | 鳥類 | Comments(2)

刈るぞう隊出動

25日遊歩道の刈り払いを行いました。
日当たりがよくて草が伸びやすいスキー場側入り口からヤマガラコース
に入り、メジロコースに進んでこの間をさっぱりさせました。

気合を入れてスタートです。
b0189727_168323.jpg

びーむ。
邪魔な枯れ枝を切り落としました。
b0189727_16105834.jpg

オオルリコース入口の東屋まで進んだところで雨が降り出しました。
中止かな、と思ったのですが、

雨ニモマケズ、急斜面ニモマケズ。
写真では分かりずらいかもしれませんが、メジロコースは結構急で
ただ歩くだけでもたいへんです。
b0189727_1614126.jpg


私たちの仕事の一部を紹介してみました。
by kotorihouse | 2012-09-27 16:24 | その他 | Comments(0)

わたしとしたことが。。

16日の日曜日、イベントの参加者の方から野鳥がいる、と教えてもらい
急いで行ってみるとゴジュウカラさんが玄関横の階段のところで休んでいました。
b0189727_1662160.jpg

写真からすると草を食べに来た、みたいに見えますね。(そんなことないか)
過程をみていないのではっきりは言えませんが、こういう場合建物にぶつかって
ボー然としている、というのがほとんどの例です。
運悪く強くぶつかりすぎてしまう野鳥も多い中、このこの痛手は軽くてすんだ
ようです。
取り囲まれた巨大生物(わたしたち)約15名の励ましに元気をもらったか、
はたまたこうしちゃおれん、とあらん限りの力を振り絞ったか、見た目には
平気を装って5分後に無事飛び立って行きました。
by kotorihouse | 2012-09-21 16:15 | 鳥類 | Comments(4)

作品917

9月17日クラフトを作りに来てくれたお友達です。
「ことりはうす」の名前をプレートに入れてくれました。
b0189727_1544587.jpg

by kotorihouse | 2012-09-20 15:45 | くらふと | Comments(0)

変幻自在?

kenどんが森で不思議なキノコを見つけました。
b0189727_13292553.jpg

波打つカーテンみたいです。
b0189727_13335845.jpg

なんのキノコでしょう?
ヒントはすぐそばにあったキノコです。
シロオニタケが変形したものでした。
こんなユニークな形になってちょっと拍手を送りたい気分です。
b0189727_13344061.jpg


「オニ」とつく植物はいろいろありますね。
オニユリとかオニアザミとかオニグルミとかオニドコロとかオニシオガマとか。
他の近似種より大きいもの、いかつい感じのするものにつくようですが、
このシロオニタケの場合は「鬼の金棒」が連想されます。
傘のイボはいかつそうに見えますが、案外簡単にするっと取れてしまいます。
さしずめ張子の金棒ってとこでしょうか。

続いてはタマゴダケです。
どちらかというと色はイースターエッグですね。
とても食べられそうにはないですが、この状態のときはおいしく食べられるキノコです。
b0189727_13485296.jpg

傘が開いてくると味も落ちてくるそうなので食べないほうがよいかもしれません。
b0189727_13525659.jpg


野鳥の森内では植物やキノコは見るだけでお願いいたします。
by kotorihouse | 2012-09-17 13:57 | 植物 | Comments(0)

虫は虫でも

キンミズヒキのところでひっつき虫に触れましたので、今の季節見られる
その他のひっつき虫を少し載せてみたいと思います。

まずは名前のインパクトの強いものから。
b0189727_14263679.jpg

これはヌスビトハギの実です。
ネバネバして衣服にくっつきます。
足袋を履いていた昔の人は、この実をコソ泥が抜き足差し足でつま先立ちして
歩く時の足あとにみたてたのですね。
今ならさしずめグラサンハギでしょうか。

葉っぱはこんな感じです。
b0189727_1431378.jpg

花は?
ごめんなさい。とても小さい花なので、どれもボケてしまいました。

↓はダイコンソウの実です。
熟した実の先がかぎ型に曲がり、これで動物などにひっつきます。
春先に大根の葉に似た根生葉を出すのでこの名になりました。
これにとてもよく似た実を付ける植物にキツネノボタンがあります。
じつは私この二つを混同していて、失笑をかってしまいました。
ダイコンソウはバラ科なのでがくがあります。
キツネノボタンはキンポウゲ科なので花びらのように見えるのががくであることが多いそうです。
下の植物は実の下にがくが残っているのでダイコンソウですね。
b0189727_14343574.jpg


最期は伏兵現る。
小さくて目立ちませんが、クルマムグラもひっつき虫の実を付ける植物でしたね。
指先確認してみましょう。
b0189727_1451446.jpg

小さな白い十字の花を春につけます。
葉っぱも結構イケてると思います。
アカネ科の植物です。
b0189727_1452533.jpg


アカネといえばアカネも葉や茎が小さな棘で覆われていてひっつきますね。
小さいころ、これをブローチにして遊んだ方もいらっしゃるのではないでしょうか。
b0189727_14575630.jpg

by kotorihouse | 2012-09-14 15:05 | 植物 | Comments(0)

ミズヒキとキンミズヒキ

ブログすっかりご無沙汰してしまいました。
これからは少しこまめにアップできたら、と切に願っているところですが。。。

1週間以上経ってしまいましたが、今月2日観察会の案内をしました。
参加者の方はいままでに何度か参加してくれている2人と初参加1人の女性3人組でした。
b0189727_14563520.jpg

みなさんとても勉強熱心で、質問に答えられないことがあったり、改めて深く
考えてみることになったり、こちらも勉強になる観察会になりました。
その中でミズヒキとキンミズヒキを説明したのですが、私の恐れていたことをズバリ
指摘いただきました。
キンミズヒキの名前の由来は感じがミズヒキに似ていることから、また進物の包み紙に
使う「水引」に似ていることから来ているようですが、このことにいくぶん疑問を持つ方も
多いのではないでしょうか。
しかしめでたい名前なことは確かで、名前で好感度がアップしていることは間違いない
ですね。
この2つは咲く時期がだいたい同じなので、対にして説明することが多いのですが
改めて考えてみれば違いの多い植物ですね。

ミズヒキ(タデ科)
花は上からみると赤いのですが、下から覗き込むと下の花びら一枚(写真向かって
左側の花びら)は白色です。
ご祝儀袋の紅白の帯が連想されることからついたそうです。
b0189727_1493911.jpg

花が閉じた状態がしばらく続きます。白いのはメシベです。
b0189727_15123237.jpg

葉っぱは縁がギザギザしない楕円形です。
b0189727_1514227.jpg


キンミズヒキ(バラ科)
花はトラノオ状にまとまって付き、葉っぱは羽状複葉でたくさん付きます。
b0189727_15165066.jpg

実はちょっとやっかいです。ひっつき虫のお邪魔虫。
衣服のあちこちにくっついてどこまでもお伴されてしまいます。
b0189727_15153349.jpg

by kotorihouse | 2012-09-11 15:44 | 植物 | Comments(0)