<   2013年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

落ち葉と言えば

森できれいな落ち葉を拾ったらステンドリーフを作ってみませんか?

ラミネート加工をすればきれいな色がいつまでも残ります。
きれいな彩りの葉っぱはただ並べるだけでもきれいな作品に仕上がりますね。
切り込みを入れたり、絵を付け加えたりして人や動物などがイメージできるものに
変えても面白いと思います。
b0189727_14434869.jpg


ことりはうすでは1枚300円で作ることができます。
開館日はいつでも対応できますのでお問い合わせください。

冷たい風が吹いた27日の日曜日、暖かい館内ではほっこりクラフトを作ってくれました。
b0189727_1452320.jpg
b0189727_14522099.jpg

by kotorihouse | 2013-10-29 15:01 | くらふと | Comments(0)

今年の紅葉(2013)

紅葉狩のシーズンになると紅葉前線がどこまで下りてきているのか気になりますね。
例年と比較してみるのも面白いものです。
去年は遅れ気味でしたが
今年は?
今年も遅めのようです。
土曜日にオオルリコース(一番高いところで標高約800m)の倒木を整備しに行った
人たちの話によるとまだ鮮やかには色づいていないとのことでした。
でもこのところ朝晩の冷え込みが厳しくなってきましたので、急激に進みそうですね。
野鳥の森の紅葉ももうすぐ見ごろになりそうです。

今見ごろなのは一足先に紅葉する建物前の樹木たちです。
今朝の様子です。
去年もそうでしたが、左右に植えられたケヤキの葉色が違いますね。
b0189727_14113051.jpg

正面通路を挟んで左右で紅葉の進み具合が違うのはなぜなのか毎年不思議に
思いながら眺めています。
玄関を背に右側はこれから紅葉が見ごろになるエリア
b0189727_14254929.jpg

他方左側は手前のブナを除きほとんど葉を落としきってしまった樹木が目立ちます。
b0189727_14251875.jpg

あの小説を思い出します。(葉はカツラです)
b0189727_14284751.jpg

by kotorihouse | 2013-10-29 14:34 | 植物 | Comments(0)

10月14日の草木染

14日の草木染は前記事のガマズミの実で染めてみました。
講師のT平さんとボランティアに来てくれているちいちゃんがお庭の
ガマズミの実を持ってきてくれました。
きれい~。このままの色に染まるといいな。
b0189727_15241419.jpg

こちらはいつも来てくれているオーさんファミリーが庭に突然生えてきたハックルベリー
の実を持ってきてくれたので、それを使っての染めに挑戦です。
この色もよい色ですね。
b0189727_15284530.jpg

ところが今回銅媒染を使ってみたところ、あ~ら不思議。
ガマズミの実は緑っぽい色に、ハックルベリーは藍色になりました。

オーさんファミリーのお父さんはとても上手に2色を使いわけました!
模様もきれいに出ましたね。
b0189727_15321753.jpg

今回のみなさんの作品です。
それぞれ味のある作品になりました。
b0189727_1538455.jpg


今回は参加者が少なかったので、お試しで布用の絵の具とステンシルプレートを使って
ワンポイントを入れてもらいました。
b0189727_15415426.jpg


次回27日はまたガマズミの実を使って今度はアルミ媒染でやってみたいと思います。
なんとかきれいな深紅色に染めてみたいものです。
by kotorihouse | 2013-10-18 15:29 | イベント | Comments(0)

実あれこれ その2

今年はガマズミの赤い実が鮮やかに目に入ってきます。
ズミとは酢実の通り、酸っぱい実ですが、山歩きをして疲れた時など
この実を頬張ると、シャキッとするような気がします。
b0189727_14335029.jpg

不本意な名前を付けられてしまったクサギも汚名を撥ね退けるように人目を引いています。
ピンク味を帯びた赤のガクと藍色の実のとりあわせがなんともいえませんね。
食べてみる勇気は・・・まだありません。
b0189727_14372732.jpg

毎年たわわに実を付けるエゴノキは今年もたくさん実を付けました。
名前の通りエグい実ですが、ヤマガラには人気です。
ほかの樹木の実なりが寂しかったせいもあってか去年はあっという間に売り切れて
(無くなって)しまいました。
今年は?去年ほどではありませんが、写真を撮った10月4日に比べてもだいぶ
減ってきたようです。
b0189727_15133849.jpg

by kotorihouse | 2013-10-18 15:19 | 植物 | Comments(0)

実あれこれ その1

寂しいほど実が不作だった去年から一転、今年は実付きがとても良い年になりました。
その中から面白い実を載せてみたいと思います。

まずは、
なんじゃこりゃ!と思わず言ってしまいそうになるこちら。
b0189727_9355899.jpg

中の赤い種が見えてくると増々ぎょっとさせられるぎょうそう?になります。
握りこぶしに似た実の形から付いた名前ですが、大きいもの小さいもの、真っ直ぐなものねじ曲がっているもの、さまざまなので一番げんこつに近い形を探してみるのも面白いかもしれません。
b0189727_9403889.jpg

葉が落ちたあとに目立つ冬芽ですが、夏から秋にかけて樹は翌年の準備をすでに初めています。コブシももう立派な花芽を作っていました。
b0189727_9501120.jpg


垂れ下がってつく花の様子から「ツリバナ」と名が付きましたが、同じく実もぶら下がって付く
ようすが風情を醸し出す樹です。
丸い果実が5つに裂けて開くと、種子は裂けた先っちょにちょこんとくっついて垂れ下がります。
b0189727_10224340.jpg

ツリバナに似た実を付ける樹にニシキギがあります。
ツリバナは一つの果実に5個の種子が付きますが、ニシキギは1~2個でこじんまりとした感じが
し、その変わり、数で勝負とばかりに密に付ける樹が多いような気がします。
b0189727_1035345.jpg

葉が錦のように鮮やかに紅葉することから名がついた通り、秋の彩りの楽しみの一つになっています。
b0189727_10365565.jpg

by kotorihouse | 2013-10-05 10:52 | 植物 | Comments(0)