人気ブログランキング |

トビのヒナが巣立ちました。

野鳥の森に営巣していたトビのヒナが、今年も無事に巣立ちました。
5月頭に孵化したほわほわの白い綿羽のヒナ(今年は1羽でした)も6月には茶色い幼鳥の羽がそろい始め、トビらしい顔つきになってきました。警戒するとさっと身を伏せますが、すぐに飽きて少し翼をばたつかせたり、あくびをしていました。
b0189727_1425323.jpg

b0189727_1426122.jpg
↑ 6月9日のヒナの様子。翼と背中の羽はしっかりしていますが、下面はまだ白い綿羽。

b0189727_14344949.jpg←18日には巣の外に伸びた太い枝に留っていて(枝渡り)、巣立ちが近いことが分かりました。
21日には巣の近くに姿は確認されなかったと報告を受けたので、19~21日の間に巣立ちしたと思われます。
ところが23日に巣を訪れてみると、休憩に戻ってきたのか巣の上で身を伏せてこちらを警戒していました。親鳥も1羽、上空を旋回していました。
巣のある木に近づいて行くと、フワリと巣から飛び出していきました。
巣立ち後も40~50日は親に餌をもらいながら、一人前になる学習をしていきます。
by kotorihouse | 2009-06-23 13:41 | 鳥類 | Comments(0)
<< スズメの子 親子で草木染め >>