メジロの子育て日記3

前回、メジロのヒナは「3羽」とお伝えしましたが、その後の観察で1、2、3…「4羽」であることが分かりました。
7月25日にはまだ赤裸だったヒナが6日後の31日には、緑色の体羽が体を覆い、翼も少し伸びてきました。
親鳥がヒナを抱こうと巣に入ろうとしますが、すっかり大きくなった4羽のヒナで巣の中はいっぱいです。半ば強引に親鳥が巣の上に座ると、せまいよぅ~とばかりに親のおしりを押しのけヒナが顔を出しました。↓(撮影:Y・O)
b0189727_1926339.jpg
反動で前のめりなった親鳥が落っこちてしまいそうです。

ヒナが孵化したのを確認してからもうすぐ10日になるので巣立ちも近いな…と思っていた8月2日の昼、巣には誰もいませんでした。
まだメジロのトレードマークのアイリングが出ていませんでしたが、この日の午前中にこっそり巣立ったようです。最後に一目見られなかったのがちょっぴり残念でしたが、無事に巣立って何よりです。
その後は巣立ちビナの姿は確認できていませんが、時々オス親が巣の近くでさえずっています。
by kotorihouse | 2009-08-02 19:10 | 鳥類 | Comments(0)
<< クワガタムシを探そう メジロの子育て日記2 >>