現場を抑えました!?

18時過ぎ、すっかり暗くなった餌台の下にアナグマとタヌキがやって来ました。
タヌキは6月にも紹介した、鼻筋の黒い餌台に上がるタヌキです。

お互いにじっと睨みあいをした後、今回もタヌキが場所を変えました。スタスタと④番の餌台の下まで来ると、奥の斜めに掛かった木に前足をかけました。
よいしょっと反動をつけ、両方の前足で木を挟むように押さえ、後ろ脚で突っ張るように登って行きます。割と楽そうに丸太に上がると、後は慣れた様子で餌台に入り込んでムシャムシャとヒマワリの種の残りを食べました。
これまでは、いつの間にか餌台に上がってしまっていたので、どうやって登るのか確認できませんでした。
タヌキは木登りができる(垂直な木は無理でしょうが)という噂は本当でした。
ただ、残念ながら暗がりでレッドライトを照らして、うんとこどっこいせの撮影だったため、登る様子は撮れませんでした。
b0189727_21283146.jpg

by kotorihouse | 2009-09-17 21:16 | いきもの | Comments(0)
<< お2人様、滞在中 2名様ご来場 >>