ことりはうすの観察室から…

あけましておめでとうございます
b0189727_16184677.jpg
本年も、ことりはうすをどうぞよろしくお願いいたします~。ペコリ(ヤマガラ)

ここ数日、ことりはうす周辺の積雪は30㎝前後、野鳥の森は場所によって差がありますが、吹きだまりなどは50㎝以上積もっているところもあります。
b0189727_1623234.jpg
雪の上にはキツネやカモシカ、リスなどの足跡が残されていて、普段はなかなか出会うことのない、森に棲む動物たちの存在を知ることができます。

雪に覆われるこの時期、ことりはうすの餌台は最盛期を迎えます。
餌を採ることが難しくなり、リスや野鳥たちがこぞって餌台に訪れます。

本日、観察室からの餌台の様子をお届けいたします。
朝はリスが3頭、登場しました。雪の上を走りまわったり餌台で食事をしたり、木の根元近くの雪を掘ってクルミを隠したりする姿が観察できました。(冬毛に衣装替えもしてフサフサでキュートです♪)
常連のカモシカも、姿は見逃しましたが、朝にはなかった足跡が午後には残っていました。

b0189727_16324522.jpg
人がいようがお構いなしで餌台にやって来るのはシジュウカラ、ヤマガラ、コガラ、ヒガラのカラ類たちです。(写真はシジュウカラとヤマガラ)
b0189727_177081.jpg
群れでやって来ているのはアトリ科のシメとカワラヒワです。(写真はまだまだ人の気配に敏感なシメ。いったん逃げますが、しばらく待っていると食欲に負けて戻ってきます…数は現在23羽です。)
他にはアオゲラが餌台の周辺を飛び回っています。(3個体いるようです。)

そして時々、体の大きなカラス科のお客さんもやってきます。
クイズ私はダレでしょう~?(2羽います。)
b0189727_1732521.jpg
翼の一部に美しい水色の羽があるのがポイントです。

b0189727_1731498.jpg
b0189727_17244698.jpg

正解は「カケス」でした。
ヒマワリの種を口の中に入るだけ詰めて持ち運んだり、足で器用に抑えてカラをむいて食べています。最近は2羽で一緒に行動しているようです。(観察室から見えたらラッキー?)

ことりはうすは冬季も開館していますので、ぜひ観察室にお立ちより下さい。(間もなくバードケーキも設置予定です)

また、変化が見られたら観察室情報をお知らせいたします。。。
by kotorihouse | 2010-01-08 17:57 | 鳥類 | Comments(0)
<< バードケーキ始めました!(... 再び登場 >>