巣立ちビナ続々登場-2

シジュウカラに続いて「ヤマガラ」の子連れに会いました。
こちらはあと数週間で親離れするのか、親からエサを貰いつつ自分でも上手にエサを探していました。
親鳥の移動スピードも早めです。林の中を移動していた2親が、林を飛び出し一気に山の方へ飛んで行ってしまうと、2羽のヒナは林縁の木にとどまり、もう2羽は林の奥に戻ってしまいました。
親が戻るのを待つのかな~と観察していると、林縁にとどまった内の1羽がこちらに気づきました。
しばし、チラチラこちらを見ながらエサを探していましたが、ふいにこちらに向かって飛んできて、私の背後にあるアカマツの枝にとまりました。
b0189727_2024126.jpg
      (まだ親鳥のように鮮やかなオレンジではなく、全体的にくすんだ羽色)

       シャッター音に興味を持ったのか、すぐ頭上の枝に降りてきました。
b0189727_20122166.jpg
         「ツィ、ツィ~(なんだコイツ、オレ(?)が追い払ってやるよ~)」
………とでも言っているような(近すぎて、ピント合わせが困難です)
そのうちもう一羽もやってきました。互いの顔とこちらを交互に見て、鳴きながら近づいたり離れたりを繰り返していました。
b0189727_20164492.jpg
              「なんだろね~?」     「どうしようか~?」
真上だと写真が真っ黒につぶれてしまう上に、首が痛くなってきたのでこちらが退散しました。それにしてもシジュウカラのヒナの反応との違いといい、同じヤマガラの4兄弟(姉妹)でも性格は違うのでしょうか…。
あまり好奇心が強すぎるのも心配になってきます。
by kotorihouse | 2010-06-19 19:54 | 鳥類 | Comments(4)
Commented by ペンちゃん at 2010-06-22 22:37 x
ヤマガラとシジュウカラって、そんなに性格が違うのですか!?今までカラ類は何かと似ているものだと思ってました。
先日、そちらの某コースを歩いていたときにカモシカに出会いました。こちらが驚くほど近かったのにカモシカの方は大して驚くそぶりもなく、むしろ少し近づいてきてくれました。コトリハウスの近くに住む動物たちは、人慣れしているのでしょうか?
Commented by cahieretstylo at 2010-06-23 12:15
警戒心より好奇心が勝って近寄ってくる姿はあどけなくてかわいいですが、
確かにちょっと心配になりますね。
人間に寄っちゃだめだよ!って当の人間である自分が教えてやりたくなります。

ヒナにはまだあのオレンジ色がないのですね。初めて見ました!
Commented by kotorihouse at 2010-06-25 10:50
ペンちゃん様
コメントありがとうございます。今回の性格の違いは、巣立ち後の日数の違いもあるのだと思います。(シジュウカラはまだ自分でエサを探そうとしていなかった様子を見ると、巣立って間もないようです。ヤマガラは長い距離も飛べ、自分でエサを探す仕草をしていましたので、こちらの方がだいぶ前に巣立ったようです。)
それでも成鳥(大人)の場合、シジュウカラの方が神経質な気もします。
カモシカに会われたのですね(^^)。野鳥の森や人間との接触が少ないところでは、人間との生活の摩擦や追い回されるなどの経験がほとんどないので、逆に怖くないのだと思います。距離があれば、じっとしていると普段の生活ぶりを見せてくれたりします。
Commented by kotorihouse at 2010-06-25 10:58
cahieretstylo様
コメントありがとうございます。巣立ちビナ(鳥だけに限りませんが)は怖いもの知らずなところがあるので、見ていてハラハラします。
カラ類やスズメなどのヒナの羽色は成鳥と比べて、明らかに薄い色なので、割とわかりやすいです。ヤマガラの幼鳥も光の当たり具合によってはグレーっぽく見えました。
<< 森林浴教室からのお知らせ 巣立ちビナ続々登場 >>