雷雨の中

この日のことりはうすは他の地域に違わず雨です。冬の雨とは思えないほど暖かで、ジャケットなしでも外にいられます。
雨脚が弱まる気配はなく、時々ガラガラガラ!!と雷が聞こえてきます。
b0189727_1693458.jpg
屋根をつたって落ちてくる雨水。時々風にあおおられて水が落ちる跡がぐにゃぐにゃ蛇行。
b0189727_1617571.jpg
ピロティー(テラス状になっている所)も雨が吹き込み屋根があまり意味をなしてません。

そんな中でも鳥たちは生きるためには食わねばなりません。
b0189727_1626937.jpg
頭付近は自分で手入れ出来ないのでグショグショです…。(シメ♂)
b0189727_1623145.jpg
シメがいると餌台に入るのを躊躇しがちな他の鳥たちも、この日は次々にヒマワリの種をつまんで行きます。
人がいると餌台に近づきにくいシメやカワラヒワも、心なしか警戒心が薄れているようです。
b0189727_1641532.jpg
近くの枝で休憩中の濡れカワラヒワ♂
野鳥全てがそうなのか分かりませんが、餌台通いの鳥たちは雷が鳴り響いても驚く素振りはありませんでした。b0189727_16454451.jpg



←休憩中のヤマガラ
b0189727_16455665.jpg




















頭上の枝から滴が!
(分かりにくいですが)b0189727_16461436.jpg




















つめてぇ!(仮の声)b0189727_16462923.jpg




















まったくぅ~
(頭の羽が乱れました)
by kotorihouse | 2010-12-22 00:00 | 鳥類 | Comments(2)
Commented by ペンちゃん at 2010-12-25 14:03 x
びしょ濡れの小鳥たちは、寒そうでかわいそうに見えるのに、コメントのおかげで、下の3枚の写真には笑えてしまいました。
雪の季節のエサ台、楽しみにしています。
Commented by kotorihouse at 2010-12-26 16:18
ペンちゃん様コメントいつもありがとうございます。
吹雪だろうが嵐だろうが、「外」で生きてゆく野生動物たちの強さには、つくづく謙虚な気持ちにさせられます。(私は耐えられずに暖かい部屋に逃げ込んでしまいます;)
ことりはうすの餌台は、この2日間の雪でカワラヒワたちが一気に集まって来ました。1月5日から開館いたしますので、ぜひお越しくださいませ。どうぞよい新年を迎えられますように。
<< 年末年始休館のお知らせ イラガに夢中 >>