いろどり

今ことりはうすのまわりでは樹木たちが盛んに
「私を見て見て。もうすぐ散っちゃうよ。」
と語りかけてきています。
そんな中からいくつかを紹介しましょう。

写真は9月30日撮影のものです。
オオバクロモジ。
葉っぱを嗅ぐとさわやかないい香りがしますが、黄葉の色合いも
なんとなくさわやかな感じがします。
大きくなっても5mくらいなので目に付きやすいですね。
b0189727_15291651.jpg

ウリハダカエデ。
黄色やオレンジ。バリエーションが楽しめます。
b0189727_1531732.jpg
b0189727_15314354.jpg

ツタウルシ。
地面に落ちている鮮やかな葉っぱにはご用心。
b0189727_1534286.jpg

バイカツツジ。
春に、まるで葉っぱの下に隠れるように小さな花が咲きます。
b0189727_15371153.jpg

豊かな森と言ったらやっぱりこの樹。
ブナの黄葉には癒されますね。
b0189727_15392951.jpg

ガマズミは実が目立つから葉は目立たなくてもいいのか。。。
渋いですね。
b0189727_1541549.jpg

番外編です。
それでなくてもぎょっとさせられるマムシグサの実ですが、これはなにかの
作りものみたいに不思議な形で目が釘付けになりました。
b0189727_15423248.jpg

今年は幾分遅めですが、もうすぐ森の紅葉も見ごろを迎えます。
by kotorihouse | 2012-11-02 15:46 | 植物 | Comments(2)
Commented by カカポ at 2012-11-03 11:01 x
紅葉もきれいですが、このマムシ草、一体なんなのですか!?
私も山や森を歩いているとマムシ草はよく見かけますが、こんなの初めてです。私も目が釘付けになりました。
青朝山の植物たちも興味深いですね。センボンヤリが、せっかく秋につぼみをつけるのに花を咲かせず、次の年を迎えるなんて、面白いお話しでした。
Commented by kotorihouse at 2012-11-04 15:44
カカポさん、こんにちは。コメントさんきゅです。
マムシグサの実おもしろいですよね。
取ってきて館内に飾りたいとも思いましたが、自然の中にあるほうが
楽しいのかなと考え直しました。
センボンヤリは春の花は小さくてささやかな感じなので、こんなしっかり
した実をつけるのは意外でした。
秋の花は閉鎖花といって自家受粉するので、花は咲かなくても役目
はしっかり果たしているようです。
<< ととのえました。 青麻山で見た植物 >>